9月24日(土)午後7時より、九州リバイバルミッション・ゴスペルコンサートとバイブルメッセージの夕べを、大牟田教会で開催致しました。

音楽ゲストは、サックス奏者のロン・ブラウンさん。
御自分がクリスチャンとなられるきっかけとなった体験談を話されながら、イエス・キリストの愛と力、驚くべき恵みについて、演奏を通して示されました。
092401
今年7月には、東日本の被災地を訪問され、帰国後、ロサンジェルスでチャリティーコンサートを開かれたことも話され、地震と津波で破壊された町の写真をバックに、"A Dream Renembers"という曲を、ソプラノ・サックスで演奏されました。
その優しいメロディーラインに、ロンさんの思いを感じました。


バイブルメッセージの講師は、福島が生んだ世界的伝道者の有賀喜一先生。
先生は、関西在住で16年前に阪神淡路大震災を経験され、そして今回は、先生の生まれ故郷が地震と津波に加え、原発事故という三重苦に見舞われました。
被災地に対する思いも一入のことと思います。
092402
先生は今回、コリント人への第二の手紙5章17節(「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」)の御言葉から、「神による新創造」と題して、分かり易く、そして力強く、メッセージを語って下さいました。

今回は、近隣の教会も応援下さって、乳幼児を含め、会堂に満ちる129名という多くのの方がおいでになり、演奏とメッセージに耳を傾けて、豊かな恵みに満たされました。
本当に感謝でした。

大分から始まったミッションの働きが、宮崎、鹿児島、熊本と回って、今日福岡に入りました。
佐賀、長崎と、7県を回り、諸教会で開催されるミッション。
全日本リバイバルミッションの先生方、スタッフ、そしてロン・ブラウンさんのお働きの上に、主の恵みと慈しみがこれから更に豊かに注がれますように。