「主は言われた。『行け、この民に言うがよい、よく聞け、しかし理解するな、よく見よ、しかし悟るな、と』。」 イザヤ書6章9節

 6章には、イザヤが預言者として召されたときのことが記されています。それは、ウジヤ王が死んだ年のことでした(1節)。神はご自身の姿をイザヤの前に現し(1節)、セラフィムの賛美の声を聞かせ(2,3節)、神殿の敷居を揺れ動かし、神殿を神の臨在のしるしの雲で満たされました(4節)。

 それを見たイザヤは、すごいものを見たと有頂天になったのではありません。「災いだ。わたしは滅ぼされる。わたしは汚れた唇の者。汚れた唇の民の中に住む者。しかも、わたしの目は王なる万軍の主を仰ぎ見た」(5節)と言っています。罪深い人間は、清い神を見ることが出来ません。神を見た者は、その後、生き続けることが出来ないと、固く信じられていました(出エジプト記33章20節参照)。ということは、イザヤはこのとき、重い皮膚病になって死んだウジヤ王のことを考えていたのではないでしょうか。

 ウジヤ王は、イスラエルの王の中で最も長い52年間、王位にありました(歴代誌下26章3節)。その善政のゆえに、国は繁栄しましたが(同4~15節)、次第に高慢になり、あるとき、神殿で祭司に代わって香を炊く務めを行おうとしました(同16節)。祭司アザルヤがそれを制止しようとしたので、ウジヤ王は憤り、その怒りを祭司にぶつけます(同17,18節)。そのとき、神がウジヤを打たれたのです(同19節)。

 イザヤは今、エルサレムの神殿にいます。そして、「災いだ。わたしは滅ぼされる」と言ったということは、イザヤは祭司ではないにも拘らず、神殿にいて、大祭司以外には見ることが許されていない聖なるものを見たということを示しています。であれば、イザヤは祭司でもないのに、神殿にいたわけです。

 そのとき、セラフィムの一人が祭壇の炭火を取ってイザヤのところに飛んで来て、その口に触れ、「見よ、これがあなたの唇に触れたので、あなたの咎は取り去られ、罪は赦された」と言いました(6,7節)。祭壇の火で民の汚れを清め、罪を贖う儀式について、民数記17章に記されていますが、それをイザヤ一人のためにセラフィムが行ったわけです。即ち、神はイザヤを滅ぼしたかったのではなく、その使命のために預言者として選び、用いるため、イザヤを神殿に呼び出し、その栄光の姿を見せ、恐れおののくイザヤを祭壇の火をもって清められたのです。

 イザヤはそこで神の声を聞きます。それは、「だれを遣わすべきか、だれが我々に代わって行くだろうか」という声でした(8節)。それに対してイザヤはすぐに、「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください」と語ります。イザヤは、たった今、神によって罪赦され、贖われる恵みを経験したばかりです。それは、まさに古い自分に死に、神に仕える新しい人生の始まりを意味したのです(ローマ書6章11,13節、ガラテヤ書1章13節以下参照)。

 このように選び立てられた預言者イザヤに対して、神は特別な任務を授けます。それは、「行け、この民に言うがよい、よく聞け、しかし理解するな。よく見よ、しかし悟るな、と。この民の心を頑なにし、耳を鈍くし、目を暗くせよ。目で見ることなく、耳で聞くことなく、その心で理解することなく、悔い改めて癒されることのないために」、という命令です(9,10節)。聞いて理解し、悔い改めて癒されるように語れ、というのではなく、聞いても理解するな、見ても悟るな、悔い改めて癒されることのないために、というのです。

 つまり、神はイザヤに、イスラエルが悔い改めをなすべき時期はもう終わった、もはやそれをするには遅すぎる、彼らには神の裁きが下る、と告げさせようとしているわけです。それは、5章19節で、イスラエルの民自身が、「イスラエルの聖なる方を急がせよ、早くことを起こさせよ、それを見せてもらおう。その方の計らいを近づかせ、実現させてみよ。そうすれば納得しよう」と語っているからです。

 なんと愚かなことでしょう。イスラエルの民に裁きを下すことにされた神は、決してそれを喜んでおられるはずがありません。怒りよりもむしろ、悲しみがその心を満たしていたのではないでしょうか。だからこそ、すぐに滅ぼし尽くされるのではなく、イザヤを遣わして、「もう遅い」と語らせるのです。かく語らせながら、もしも悔い改めてくれば、ニネベの町の人々を赦したように、赦しをお与えになるお方なのです。

 今日も、愛と憐れみに富む父なる神を仰ぎ、その御声に耳を傾け、御霊の導きに従って歩みましょう。

 主よ、あなたは愛と憐れみに富むお方です。背いたイスラエルに悔い改めを解き、滅ぼすことに決められた後も預言者を遣わし続けられました。その愛と憐れみにより、私たちも救いの恵みに与りました。どうか、この恵みを無駄にせず、神の愛と憐れみを、その生活を通して証しするため、私たちを遣わして下さい。 アーメン