風の向くまま

新共同訳聖書ヨハネによる福音書3章8節より。いつも、聖霊の風を受けて爽やかに進んでいきたい。

2008年08月

壮年大会に行って来ました

29~30日、第43回全国壮年大会が福岡は西南学院大学チャペルで開催されました。500名を目標に準備された大会でしたが、最終的に650名という、実行委員会の予想を大幅に超える人数で、大成功といってよいでしょう。
 
西南中ブラバン今回、西南中学ブラスバンドの演奏で大会が始められたのですが、九州の吹奏楽の大会で金賞を取ったというその演奏は、会の冒頭から聖霊の充満を思わせる素晴らしいものでした。

開会礼拝に続いて行われた総会では、懸案であった神学校献金についての連盟と全国壮年会連合との覚書きについて、ようやく決着を見ることが出来ました。これで、これまで以上に一致協力して献金を推進することが出来ると期待されます。
 
青野先生二日目の目玉は、神学部教授による模擬授業でした。私は、恩師・青野太潮先生の授業に参加しました。

今回、先生は、ギリシア語原典を読む面白さを説くために、「十字架につけられてしまったままのイエス・キリスト」(ガラテヤ書3章1節など)という箇所を取り上げられました。新共同訳聖書では、「イエス・キリストが十字架につけられた姿で」と、過去形で訳されています。それを、「十字架につけられてしまったまま」とするのは、この箇所の動詞は、実際には現在完了形の分詞が用いられているからです。つまり、ガラテヤ書著者のパウロは、死んで葬られた後、三日目に甦られ、天にお帰りになった主イエスが、今も十字架につけられたままでおられると記していることになるのです。それは、いったいどういうことなのでしょうか。それを考えるところに、原典を読む面白さがあるというわけです。
25年前、初めて先生の授業を受けたときのことが思い出され、初心に返って、原典をしっかり読みたいと思いました。
 
野中先生派遣礼拝の説教者は、福岡地方連合会長の野中先生でした。ヨハネ福音書16章25節以下の御言葉を通して、「壮年よ、高尚なる生涯を生きよう!」と語って下さいました。これは内村鑑三の「後世への最大遺物」という説教から採られたもので、内村はその説教で「私たちだれもが後世に残せる最大の遺物は、勇ましく高尚なる生涯だ」と説いているというのです。

「勇ましく高尚なる生涯」とは、この世は神の支配のもとにあり、よって失望ではなく希望の世の中であることを信じ、悲嘆ではなく歓喜の世の中であるという考えを生涯に実行し、その生涯を世の中への贈り物としてこの世を去る、そのような生涯を送ることです。つまり、私たちと共にいて下さる主イエスを信じる信仰によって生きる生き様そのものです。

確かに、今こそ信仰を働かせ、私たちがその生き様を通して、主の恵みを証しすべきときです。「勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている」と仰って下さった主イエスの御言葉を信じて、自分の務めをしっかり果たすものでありたいと思いました。

なお、野中先生は、来秋の特別伝道集会の講師として、我が大牟田教会にお迎えすることになっています。 沢山の恵みを頂いて、帰って来ることが出来ました。主の導きに感謝致します。 (写真をクリックすると、拡大版を見ることが出来ます)

 大牟田教会HPのフォトレポートもご覧下さい。
URL http://www.h7.dion.ne.jp/~omutabc/wklyphoto0824.html

明日から福岡で全国壮年大会

明日から、福岡は西南学院大学のチャペルを会場に、日本バプテスト連盟に属する全国の諸教会から、壮年たちが集まり、全国壮年大会を開催します。
壮年大会といいながら、女性も多数参加して、参加者数が600名を超えたという話です。
大会の目的の一つは、西南学院大学神学部に学ぶ神学生に奨学金を提供するための神学校献金の推進方について話し合うことです。
有意義な協議が為されることを期待しています。
今回は、西南学院大学が会場なので、集まってくる壮年たちが、神学校の授業を体験します。
私も結構楽しみにしています。
むしろ、大変なのは先生方のほうでしょう。
記憶力、思考力共に心許なくなってきた壮年たちに、難しい神学用語などを用いず、どれだけ平易な言葉で、神学の面白さを分からせることが出来るかというところが、先生方の腕の見せ所というわけです。
オプションで、大学構内の聖書植物園巡りや神学寮ツアー、西南学院の博物館見学などが提供されています。

二日間教会を留守にすることになるので、火曜日から原稿作りのため、パソコンの前に座り続けています。
ようやく、幼稚園の月報や教会の週報などの原稿を仕上げることが出来ました。
ホントはブログ書いてる場合じゃないのに、なんて思いながら、でも、背後で祈って下さる方々の思いに支えられていますので、近況報告を続けたいと思ってます。
重ね重ね、宜しくお願い致します。

父の入院


入院の朝今年83歳の父が、先日、入院した。
写真は、その朝、診察に向かう父。

以前から心臓の具合が悪くて、10年前に不整脈のためにペースメーカーをつけてるし、弁膜症で人工弁に取り替えた。
動脈乖離という血管の内側が裂ける症状も出た。
首の下のところには大きな動脈瘤が出来ていて、いつお召しが来てもおかしくないという状態でここ数年過ごしている。

最近になって腎臓の働きも悪くなり、尿酸を排出出来ないのだそうな。
それで手足が腫れて痛みがあって、トイレに行くのも、ひどいときには這って行くような有様。
痛風みたいなことらしい。
家族としては、そろそろ最期のときが近づいたので、覚悟しろということなのかな、と思っている。
昨日は、両膝のみずを抜いてもらい、リハビリをしたら、楽になって、歩いてトイレに行くことも出来たと喜んでいた、と妹から連絡が来た。
各地で兄弟や信仰の友が祈ってくれているお蔭だと言ってたそうな。

旧約聖書に、「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ」(ヨブ記1章21節)という言葉がある。
何があっても、何がなくても、神様はほめ讃えられるべきお方。
父に何があっても、主なる神をほめ讃えよう。

南へ北へ

朝は、教会関係のことで南は熊本へ出かけ、夕方は、幼稚園関係のことで北は太宰府へ出かけた。
今日の走行距離は、約230㎞。
途中でガソリン満タンにしたけど、少し前まで3000円を超えることは殆どなかった。
今は5000円持ってないと不安。
ただ、熊本市郊外はガソリンが安い。
会員だと1リットル175円という店もある。
そこに寄って現金で入れたら、178円だった。
大牟田よりは5円近く安い。
何故だろう?
理由は分らないが、嬉しい。
でも、そのためにだけ、熊本までは行けない。

学生時代、井上陽水の「東へ西へ」という歌がラジオでよくかかっていたのを思い出した。

 昼寝をすれば 夜中に眠れないのは どういう訳だ
 満月 空に満月 明日は愛しいあの娘に逢える
 目覚まし時計は 母親みたいで 心が通わず
 頼りの自分は 睡眠不足で
 だから ガンバレ みんな ガンバレ
 月は流れて東へ西へ


いつの間にか覚えて、時折口ずさんでもいた。
何だろう、特に意味があるとか、共感するものがあるということでもないのに。
1970年代半ばというのが、安保闘争に疲れ、学生運動が悲惨な形で終焉を迎えて、当時の若者は、無気力、無責任、無関心という三無主義、それに無感動を加えた四無主義という言葉で表現された。
それで、こういう現実を超越しているような歌が生まれて来たのだろうか。
その世代が今、世の中の責任ある地位についている。
あるいは、そろそろリタイアの時期を迎えている。
三無主義、四無主義を乗り越え、しっかり責任を果たせる壮年になれたのだろうか。

南へ北へ、よく走ったなあと思っていたら、こんな日記になった。

首里教会

無事、旅を終えて帰って来ました。

首里教会今回の主要目的は、首里教会を訪ねることでした。
首里教会は、2年前に宣教開始50周年を迎え、会堂を新しく建て直されていました。
1階は幼稚園舎、2階に礼拝堂という作りです。
斜面を利用しているので、礼拝堂が2階といっても、前の道路から駐車場を経て、まっすぐ礼拝堂に入ることが出来ます。

斜面利用幼稚園舎には、後ろの道路から、これまた階段などを使わずに入って来れるようになっています。
礼拝堂が階上にあるので、天井を高くすることが出来、また、天窓から明るい光が差し込むので、電気代を節約することが出来たそうです。
調先生の時代から使われている井戸が今も健在で、渇水のときにも涸れることがないので、本当に助かるとのことでした。

1階:園舎 2階:礼拝堂
建築委員長の中城兄が、会堂建築にチャレンジして、人の思いを超えた神の導きに与ったと言われていました。
大変なこともあったのだと思いますが、それだけに成し遂げることが出来て喜びも一入だったことでしょう。
何よりも、そのことで神の恵み、神がおられて、自分たちを助けて下さったという経験をされたことは、本当に素晴らしいことだったと
礼拝堂思います。
また、礼拝堂が新しくなって、以前からの教会員に加え、新しく教会に来られる方が増えたと、玉城牧師が仰っておられました。
新会堂建築に臨もうとしている私たちの背中を、神が優しく押しておられるような、そんなお話を伺うことが出来、まさに神の導きを感じさせられています。

(写真をクリックすると、拡大版を見ることが出来ます)

平和祈念資料館

沖縄本島南部の沖縄平和祈念資料館を訪ねました。
首里陥落後、沖縄守備隊の司令部を移し、最後の抵抗を行った場所、守備隊司令・牛島中将が自決した摩文仁の丘に、資料館は建てられています。
ここには、沖縄戦開戦以来、多くの沖縄住民が避難しており、そこに司令部が移されたため、多くの住民が地獄の苦しみを味わうことになりました。
首里が落ちるとき、降伏することも出来たはずですし、南部に司令部が移されてからでも、米軍は降伏するよう勧告していたのですが、徹底抗戦と決められていたので、軍人よりも多くの一般住民が犠牲者となったのです。
なぜ、降伏の道をとらなかったのかといえば、本土決戦に備えて時間稼ぎをするためという、つまり、本土を守るための捨石にされていたわけです。
「アメリカに一矢を報いるまでポツダム宣言の受諾は出来ない」と昭和天皇が考えていたため、沖縄をはじめ、広島、長崎も、大変な犠牲を負わされることになったのです。
なんと愚かなことでしょう。
日本軍は沖縄を守りませんでした。
むしろ、沖縄の住民の多くが、日本軍のために犠牲になったのです。
戦争という行為が、人間をいかに愚かにするでしょうか。
いえ、戦争を行う人間がいかに愚かであるか、と言いましょう。
人間の愚かさで、愚かな人間のために、多くの人々が犠牲になることがあってはなりません。
「殺してはならない」、「剣をとる者は剣で滅びる」と聖書は教えます。
すべての人を殺す道具を平和のための道具に作り変え、国境によって人々が分断され、別れ争うということのない平和な世界が築かれるよう祈念して、資料館を後にしました。

首里城

沖縄についてホテルに入った後、すぐにモノレールで首里へ行き、そこから徒歩で首里城へ。
モノレールは、一日乗り放題600円です。
首里城公園の入り口までは徒歩で5,6分というところでしょうか。
そこから、首里城正殿入り口まで10分ほどアップダウンしながら歩きました。

守礼門これはご存じ、守礼の門です。

正殿は、どこもかしこも漆が塗られ、創建当時の琉球の繁栄ぶりを示しています。

特に、正殿2階は大庫理(うふぐい)と呼ばれ、王の特別な催し事に用いられたようですが、その中央に国王の座る御差床(うすさか:玉座のこと)がありますが、それは美しい彩色が施されていました。


首里城正殿
首里城がいつ創建されたのか、正式な記録は残っていないようですが、これまで、沖縄戦による消失を含めて4回、建て直されて来たそうです。
現在の首里城は、1712年に建てられ、沖縄戦で消失したものを、様々な資料を発掘して復元したのだそうですよ。




御差床
その豪華さを見るにつけ、かつて交易によって繁栄をほしいままにしていた時代と、日本に「復帰」したものの、土地の大半を米軍基地に取られ、思うように産業を興せず、日本一貧しいままに、基地に依存することを強要されているような現在を比べると、沖縄の戦後はまだ始まっていないという感を強くしました。

あ、首里城の入場料は800円ですが、一日モノレール券を持っていると、640円で入れます。
そのことに、首里城から出てから気がつきました。
間抜けですね。
悔しいですね。
今度来た時には、気をつけよう!
今度はいつかな? それまで憶えていられるだろうか?
もちろん、自信はない。

旅の始まり

旅に出るというほどの長旅ではありませんが、しばらく留守をします。
考えてみると、私の子どもの頃、家族で旅行したというのは、北九州から名古屋に引っ越すときの夜行列車の旅ぐらいでした。
父と汽車に乗った記憶は、父方の祖父が亡くなったとき、母との旅行は、母方の祖父が亡くなったときで、それ以外にはないような。
小さい頃、両親の里・鹿児島に行くのは、大学生の叔父や叔母の帰郷にお供するという状態でした。
そうそう、1年生の頃だったか、着ていた青いポロシャツのワッペンを見て、アメリカ人が敬礼をしてくれたことがあります。
なんでもそれは、騎兵隊の軍曹の位を示すものだったそうです。
ただ、そのとき自分は、誇らしげなどという心境とはほど遠く、青い目の大男が怖くて、早くどこかに行って欲しいというような思いでいたのではないか、と思いますが。
今回は、どんな経験が待っているでしょうか。
楽しんで来たいと思います。
では、行って参ります 


初メール

初めて、携帯から書き込みをしてます。
やってみると、意外と簡単でした。
これから、色々な方法でブログ日記を綴っていけそうです。

実は、今日から一週間、夏期休暇を頂きました。
明日大牟田を離れて、しばらく楽しい時を過ごす予定です。
公式サイトの更新が出来なくなりますが、その間、こちらに報告を載せても良いかな、と思っています。
実行出来るかどうかは、私の心がけ次第なのですが・・・?!嶺

8冠達成おめでとう

マイケル・フェルプス選手(米国人)が、出場した8種目(200m自由形、100mバタフライ、200mバタフライ、200m個人メドレー、400m個人メドレー、400mリレー、800mリレー、400mメドレーリレー)すべて優勝し、金メダルを獲得するという偉業を成し遂げました。

これは、驚くべきことです。
なにしろ、予選、準決勝を含めて、9日間で17試合をこなさなければならなかったからです。
その秘訣は、疲労回復の早さにあり、血中乳酸値が他の選手の三分の一しかなく、通常1時間かかるところを、フェルプス選手は20分で回復出来ることになります。
人の2倍以上食べ、そしてよく眠るということも、それに関係しているのでしょう。

前回のアテネ・オリンピックでも8種目に出場して、6種目で金メダルを獲得し、2種目は銅メダルでした。
オリンピック1大会で金メダル8個、総獲得数14個というのは、いずれも史上第1位です。
次の大会では、6種目で3連覇がかかり、これまでと同様8種目にエントリーして、メダルを獲得すると、これはもう“どうにも止まらない”状態になります。
可能性は低くないのではないでしょうか。

また、今回出場した8種目のうち、100mバタフライはオリンピック新記録、他はすべて世界新記録での優勝です。
平泳ぎ以外の種目は世界のトップレベルという、実にアンビリーバボーなフェルプス選手です。

フェルプス選手が水泳を始めたきっかけは、お姉さんが水泳の選手だったからということもありますが、少年時代に注意欠陥・多動性障害(ADHD)と診断され、有り余るエネルギーのはけ口として、母親が水泳を始めさせたのだそうです。
障害が水泳の天才を生み出したのであれば、それは「障害」ではなく、むしろ才能、あるいは有為な個性と考えるべきではないでしょうか。

何にしても、フェルプス選手、本当におめでとうございます。
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 福音歌手 森祐理 25周年記念コンサート
  • ペシャワール会・中村哲 講演会
  • 日比恵三・平井陽子 Duo Concert
  • 三上智恵監督映画「標的の島」上映 
  • 三上智恵監督映画「標的の島」上映 
  • 6月25日(日)主日礼拝説教
  • 6月25日(日)主日礼拝案内
  • 6月18日(日)主日礼拝案内
  • 6月11日(日)主日礼拝説教
  • 6月11日(日)主日礼拝案内
  • 6月4日(日)主日礼拝説教
  • 6月4日(日)主日礼拝案内
  • 映画「標的の島 風(かじ)かたか」先行上映
  • 映画「標的の島 風(かじ)かたか」先行上映
  • 5月28日(日)主日礼拝説教
livedoor 天気
J-CASTニュース
楽天市場
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ